Breaking News

Yamamura Mabuchi

ギャンブル所得と連邦税について知っておくべきこと

人生において避けることのできないものが二つだけあります。税金と死です。ギャンブルの賞金についても政府へ税金を払わなければいけないということをご存知でしたか?それを知らずにいると、当局との間に問題が起きる可能性があります。  これは米国でのはなしです。カジノからの所得であれ、くじによる所得であれ、税金を払う必要があるのです。あなたがプロのギャンブラーでないなら、賞金は「雑所得」として報告します。また、賞金獲得のための経費も含める必要があります。自分が賭けた金額を含める必要があり、ゲームで負けた金額は差し引きます。しかし、あなたの賞金額を報告する際に混乱しないようにしてください。ギャンブルで獲得した金額から、単に経費や損失分を差し引けばよいというわけではないのです。これらは2枚の異なるフォームに記載されなければなりません。  まだよくわかりませんか?例えば$6000失った後に$3000勝ち取ったとします。この場合、$6000から$3000 を差し引くという意味ではありません。税額控除は勝ち取った金額相当分となります。  日本でダントツ1位人気のベラジョンカジノで「入金できない」を完全解消! 詳しくはコチラから!:【ベラジョン入金】ベラジョンカジノ「入金できない」完全解消ガイド! 日本がカジノ賞金に課税することを検討  ギャンブラーから税金を徴収するのは米国だけの話ではありません。日本においても、役人たちがさらにカジノ賞金への課税について措置を進めようと検討しています。2年前、日本でようやく企業がカジノを建設できるようになりました。当初、日本もマカオに次ぐカジノのアジア拠点になるかもしれないと考えられ、多くの人がそのニュースを歓迎しました。残念ながら、話が進むにつれ、様々な企業が当初の日本進出の計画からすでに撤退しています。  それは、日本が海外からの観光客が獲得した賞金に対しても課税する事を検討しているからです。日本でのギャンブルの賞金は臨時所得とみなされます。臨時所得とは何でしょう?それは、ビジネス、雇用、所有資産の売却といった日常的に行われる事以外の活動から生まれる所得 です。  その計画は、購入されたチップとプレーヤーが現金交換するチップとの差額に対して課税するというものです。損失分はいかなる税金項目からも控除されません。収益のみに対して課税されるのです。  ギャンブルにとって税金は良いか悪いか?  税金の支払いはすべてのギャンブラーが対処すべき現実です。しかし、ギャンブラーにとって税金は妨げにもなります。ギャンブラーたちは、たとえ勝ったとしても、税金でとられる金額を考えるとやる気を失うことにもなります。  政府はカジノやくじやその他の形態のギャンブルの存在を容認してきました。経済にとってプラスだからです。政府がカジノから税金を徴収するのはともかく、プレーヤーの賞金にまで税金がかかる可能性があることを覚えておいてください。  大抵の場合、外国籍のカジノ利用者は税金の対象とならないのが一般的です。日本は例外的です。多くのカジノがすでに日本での投資を継続すべきか否か再考し始めています。 

Read More »

カジノで勝った後の税金の支払い

多くの人は、カジノで勝っても税金を払う必要はないと考えます。しかし、政府としては、カジノの賞金に税金を課さないのは大きな収入源をみすみす失うことになると考えていることを覚えておきましょう。米国では自分の賞金額を申請する必要があります。さらに、自分の費やした金額を控除することもできません。つまり、税金を差し引くと純利益がなくなる可能性があるわけです。大金を勝ち取った場合は、必ず会計士に相談しに行きましょう。  ただし当然ながら、あなたがプロのギャンブラーである場合には少し話が異なります。プロのギャンブラーの場合は、賞金を「雑所得」ではなく「自営業収入」として申請することになります。賞金を申請する場合、IRS にかなり詳細を問われることになります。ビンゴであれポー カーであれ、どんなタイプのゲームをしたのかをIRSに知らせなくてはなりません。  

Read More »